1コマ2名になっても「個別指導」してもらえるのですか?

はい。「個別指導」します。
1コマ90分の中で複数の生徒さんを教える場合は、一人の生徒さんに説明している時間は他の生徒さんには演習をしてもらう時間にします。説明と演習の時間を組み合わせることにより、1コマが2名でも「完全個別指導」の形を取ります。
1:1での授業を希望される方はマンツーマンコース をお申込みください。マンツーマンコースの生徒さんがいらっしゃるコマには他の生徒さんが入ることはありません。じっくり腰を据えて取り組みたい方にお勧めです。

主婦や社会人やシルバーでも入塾できますか?

永野数学塾では社会人や主婦やシルバーの方々のために「大人の数学塾」コースを開講しています。
「学生時代は勉強がつまらなかった」
「もう一度、勉強してみたい」
という方を歓迎いたします。「大人の数学塾」で教える「勉強のコツ」は小手先のテクニックではありません。勉強の楽しみが分かるようになります。
「自分は数学が苦手だった」
「自分は典型的な文系人間だ」
と思い込んでいらしゃるとしても、実は勉強法方法が間違っていただけ、という可能性も大いにあります。 学生時代、定期テストや受験に追われ勉強を強制的にやらされてきませんでしたか?もしそうなら、あなたはきっと勉強が嫌いなはずです。でも、勉強は本来とても楽しいものなんです。
よく言われることですが、自然界は数学という言葉によって語られます。ですから、数学が分かるようになる、ということは自然界と話せるようになることなのです。これはとても素敵なことだと思いませんか?もう、問題を解く必要なんてありません。数学という「言葉」を自由にあやつり、物理や化学を通して、自然が語る言葉に耳を傾け、宇宙の真理に迫ってみませんか?
永野数学塾の「大人の数学塾」では年齢を問わず、そんな知的好奇心にあふれた方の入塾を歓迎いたします。(高校生と同じ教室になることに抵抗がある方には別の時間帯で授業を組むなどの工夫をさせていただきますので、ご安心ください。)
難しいことはひとつもありません。お気軽にお問い合わせください。

子供が勉強嫌いなのはどうしてですか?

それは、まわりの大人も学生時代に勉強が嫌いだったからです。勉強が嫌いな大人に「勉強しなさい」と言われたら、感受性の豊かな子供は理不尽とストレスを感じてますます勉強が嫌いになるのは当たり前です。
ご両親が教育に熱心なのは、本当にすばらしいことです。「教育」は日本の未来、世界の未来のためにもっとも大切なことです。でも、その熱心さのあまり、空回りしてしまってはいないでしょうか?勉強をがんばって欲しいと願うばかりに、お子さんに辛い思いをさせてしまってはいないでしょうか?勉強は、ただ時間をかければよい、机の前に座っていればよい、というものではありません。自分の頭で考え、自ら進んで取り組むようでなければ、学力は上がらないのです。お子さんに「なぜ、勉強しなくちゃいけないの?」と問われた時に「いい会社に入るため」以外のきちんとした答えを与えられているでしょうか?闇雲に押し付けてはいませんか?勉強の楽しさを伝えられていますか?
この機会にぜひ「永野数学塾」をご利用ください。
・勉強が嫌い
・やる気が出ない
・成績が伸びない    
・勉強がつまらない
・暗記するしかないと思っている
・頭の良い人がうらやましい
この中に1つでもあてはまるものがあるのなら、勉強方法が間違っている、というサインです。間違った勉強法、すなわちそれは、努力が報われない勉強法です。勉強にはコツがあるのです。現在はクラスの底辺を支える成績だったとしても、「永野数学塾」でお伝えする「勉強のコツ」をつかい、努力しただけの成果が上がれば、きっとお子さんは勉強が好きになるはずです。

子供がやる気がなくて困っています。

「永野数学塾」でお伝えする「勉強のコツ」は、お子さまに何かを強制するということはしません。勉強を無理強いしても子供は決して伸びないという信念があるからです。「永野数学塾」ではまず、勉強の楽しさに気づいてもらうことからスタートします。人間の持つ賢さに感動し、真理を発見したときの喜びを感じてもらうことを第一歩にします。ですから当塾では感性が何よりも必要になります。
でも、心配はいりません。10代の若者の感性は大人の何倍、いや何十倍も瑞々しくそして鋭いのです。目の前に立ち塞がる壁にたった1つの風穴を開けてあげることで、若者はその壁の向こうに果てしない空と大地が広がっていることを感じ取ります。想像してみてください。何もないはずの壁の向こうに何か感じるとしたら、どうしてそのまま放っておくことができるでしょうか。必ず、その穴を大きくすることを、そして、その壁を崩すことを願うに違いありません。そしてその願いはすぐに強烈な「好奇心」となって若者を刺激し、やがてみずからの力で壁の向こうの世界に飛び出していくでしょう。もうお分かりだと思いますが、大事なことは壁に最初の風穴を開けてあげることなのです。そして、そのお手伝いをするのが、当塾の「勉強のコツ」です。
「永野数学塾」でお伝えする姿勢で行う勉強は、先生や親から叱られるからと、嫌々開いた参考書の問題を解く「勉強」とは本質的に違います。次元が違う、と言ってもいいと思います。「初めて勉強が楽しいと思った」と言ってくれるお子さまが圧倒的多数です。こうなれば、もう心配はいりません。「勉強のコツ」でお伝えする勉強への正しい姿勢を守っている限り、楽しさを発見し続けることができ、そしてその「楽しさ」が勉強する時間を忘れさせてくれます。そう、気がつけば「やる気」が育っているのです。

本当に「最短距離」なのですか?

「勉強のコツ」などと言うと、小手先のテクニックのように思われてしまうこともありますが、「永野数学塾」が授業の中でお伝えしていく「コツ」は小手先のテクニックとは対極にあるものと言っても過言ではありません。学校や塾で
「これは大事だから覚えなさい」
「こういう問題にはこの解き方でやるように」
と、覚えさせられたことが、どれだけ実際のテストで役に立ったでしょうか?「解法のテクニック」として教わったことをどれだけ覚えても、テストの点数が上がらない、という経験はないでしょうか?当塾ではこうした「丸暗記」を完全に排除します。
「どうしてそうなるのか?」
「どのような発想が必要なのか?」
といった本質的な姿勢を育てることで、「勉めて強いられる」という「勉強」ではなく、学者が学問に取り組む時の姿勢に通じる王道の姿勢をお伝えしています。この方法は一見効率が悪いように思われがちです。しかし、この王道は解答という目的地に至る最短の道なのです。テストで今まで解いたことがないような未知に問題に出会った時、過去の問題の解法は無意味です。解法の裏にある発想を理解していないテクニックで問題を解こうとすることは、塩の味を知らずに、ただレシピ通りに料理を作ることに似ています。レシピにない材料に出会った時、塩味を知らない料理人はただ材料の前で呆然とするだけでしょう。
「永野数学塾」でお伝えする「勉強のコツ」は王道を歩くための道しるべです。王道をあるくことで過去の偉人たちの発想を発見し、それに感動をして、そして学んでいく、という姿勢を育てます。出るかどうか分からない(と言うよりも、きっと出ることはない)問題の解法を覚えて右往左往するのに比べれば、結局のところ、この王道こそが「合格への最短距離」なのです。

合格の「その先」って何ですか?

それは人生の豊かさです。「勉強のコツ」を会得した子供は、すぐに忘れてしまう「知識」ではなく、一生忘れることのない「知恵」を身につけられるようになります。自らの頭で考え、自ら学ぶことのできる人間となり、本当の意味での自信をつけます。自信をつけた子供はとても輝いています。青春を謳歌しています。私たちは大きな喜びと共にそのような実例をたくさん見てきました。そして、そんな「永野数学塾」の卒業生たちは受験を見事に突破した大学入学後も、もちろん社会人になってからも、自学自習の姿勢、自ら人生を掴み取る姿勢は生涯崩れることはなく、満ち足りた人生を送ってくれるに違いありません。また「勉強のコツ」を身につけた子供たちは、以前にも増してさまざまな事に興味をもつようにもなります。音楽、文学、絵画、映画、スポーツ・・・あらゆることがあざやかに心に響くようになるようです。
私は、そんな風に文化を愛せる人間が育ち、心豊かに生きる人々が一人でも多くなれば、この世界はもっと素敵な世界になるんじゃないかと、そんな大きなも見ているのです。

神奈川県大和市中央林間3-11-12東総ビル2F
〔東急田園都市線・小田急線 中央林間駅 徒歩2分〕
TEL:046-240-9130
pagetop.gif
copyright© 永野数学塾. All Rights Reserved.